必要のない人

必要のない人

強烈な題名じゃないですか??
内館 牧子さんが書かれた短編小説です。

話の流れで、友達から借りた本なのですが、私が好む本ではありませんでした。

さまざまた人生の形が書かれています。
さらに現実の世界に入っていく本でした。

本を読んでいるときくらいは現実から離れたいではないですか!!
感動したり夢見がちになったりと・・・。
しかしながら、この本は本当に現実的なほんです。
人生こんなもんなんだなぁ~~って思いました。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

永遠の片思い