天使の卵~村山由佳~

村山由佳さんのデビュー作でもあるこの作品。
私の愛読書(?)経理ウーマンのおすすめの1冊に紹介されていた本です。
予備校生の男の子が主人公。電車の中で年上の女性に一目ぼれしてしまいます。そして、彼女(夏姫)が現在付き合っている彼女の姉(春妃)だという事に気付きます。
しかし、2人は共に惹かれあいに、付き合うことに・・・。
付き合い、同棲をしたものの、夏姫への後ろめたさやすれ違いも起こり始めます。そして、最後は・・・・。
これを言ってしまったら面白くないので、言いませんが。切ないですよ。
やっぱり、結末が分かってしまってもいいのでハッピーエンドがいいなぁ~[emoji:v-408]
  
本全般 - 本

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

四月の雪

次の記事

いまを生きる